結論

当サークルでは「DLsite」様のご利用を推奨します。
以下に理由を述べます。

作品販売までの流れ

まずは作品が販売されるまでの流れをご説明します。
現在のところ、当サークルでは「DLsite」「FANZA(旧DMM)」の2サイトで取扱中です。

制作した作品は販売店に申請をし、内容を審査の上販売が開始される仕組みになっています。
この審査の中で「モザイク等のチェック」が行われるのです。

モザイクの対象について

モザイクの対象については両販売店ともほぼ同じで、下記のものが対象です。

  • 男性器
  • 女性器
  • 肛門(異物挿入時)
  • 糞便
  • その他猥褻、グロテスクなもの

モザイクの水準

モザイクの水準については販売店により異なります。
私の調査ではDLsiteとFANZAで大きく異なっておりました。

FANZAではDLsiteよりも「モザイクサイズが2倍以上」になっています。
つまりそれだけモザイク部が不鮮明になります。

販売店のモザイク水準を満たしていない場合は「販売店側」で修正が行われます。

再モザイクによる影響

もちろん、当サークル側でもモザイクを掛けた状態で申請しております。
しかし販売店ごとに基準が異なるため、審査により「再モザイク」が施されることもあります。

これはJPEGファイルに直接行われるため、画質の劣化を招きます。
また、モザイク周りの要素が巻き込まれたり、境界が目立つなどの問題が起きます。

このため再モザイク修正は極力避けたいわけです。

当サークルの方針

当サークルでは様々な方法を検討しましたが、最終的に「DLsite側」に合わせることにしました。
これは1作品で2つ以上のモザイク状態を維持するのが難しいためです。

このため「DLsiteでは再モザイクをほぼ回避できます」が「FANZAでは修正が行われます」。
つまりDLsiteの方が当サークルのマスターデータに近い状態になります。

作品販売ページについて

作品販売ページに掲載されている下記のものついては、作品本体とは規制基準が異なります

  • 画像(紹介画像、サンプル画像など)
  • テキスト(タイトル、作品説明など)

基本的に作品本体よりも基準が厳しく、モザイクが割合大きくなっています。
また、DLsiteでは淫語(チンポなど)が伏せ字(画像ではボカシ)に修正されます。

これらの修正は作品本体とは異なるため、注意が必要です。

まとめ

以上のことから、当サークルでは「DLsite」様のご利用を推奨します。
お読み頂き、ありがとうございました(ΦωΦ)ペコリ

ダウンロード作品ならDLsiteがオススメ![PR]

当サークルも利用しているDLsiteはデジタル作品が豊富!
CG集・漫画・ゲーム・ボイスなど20万点以上あります。

キャンペーンや割引作品が多いのも魅力的です。
ご興味がある方は一度チェックしてみてはいかがですか?